総量規制の問題が大きく影響する借金の話

誰も知らない夜のガラスコーティング > 現金化 > 総量規制の問題が大きく影響する借金の話

総量規制の問題が大きく影響する借金の話

総量規制ということは、あまり珍しい話ではなくなりました。 

新聞やニュースでも大きく取り上げられた、年収の1/3を借入限度額とした法律です。

多重債務防止策で、かなり有効に働いています。

ただし、別の問題も出てきました。

 

1/3ということが問題で、主婦の様に収入が世帯収入となる人は、個人で借入れができなくなってしまうのです。

個人の問題ではなく、世帯としての問題となってしまいました。

多儒債務防止はできますが、必要な人が借入れできない問題が出てきたのです。

現状では、総量規制を無効化するような方法はありません。

これがショッピングなら話は別なのです。

 

ショッピング枠を使って現金化する方法がクレジットカードの現金化です。

この方法は、キャッシング枠を利用しない方法ですから、借入れではありません。

つまり、総量規制に引っかからないのです。

総量規制は借入れに対してだけ作用するため、シッピングは対象外です。

 

なぜこんなことになったかといえば、住宅を購入したり車を購入したりするときに、総量規制が、購入の妨げになるのです。

これでは、年収が低い人は、一生手にすることができません。

ショッピング枠を使ったクレジットカードの現金化は、総量規制に影響を受けることなく利用できる理由です。

 

手数料となる還元率がある以上、思っているより現金が少ないこともあります。

相場は80%前半といわれていますので、高い還元率を探すことも重要ですが、あまり欲を出すと、悪意のある相手にかかりますので、平均的でも高いほうを探すといいでしょう。

参考サイト:http://www.card-genkinka.link/



タグ :